MENU

転職の面接で、男性には聞かないのに、女性には聞く質問とそのかわし方をご紹介します。

女性の転職活動では、「結婚・妊娠」に関することを面接で聞かれることが多いのではないでしょうか。未婚の方なら「結婚の予定は?結婚相手の転勤の可能性は?」とか、既婚者なら「子どもの予定は?お子さんの預け先は確保しているか」など、男性なら聞かれないような質問を、女性は面接で聞かれることがあります。会社としては、転職してくる人には即戦力を求めています。

 

どれだけ資格やスキルがあっても、すぐに結婚して寿退社する人や、入社後すぐに妊娠が判明し程なくして産休入りする人など、どちらもおめでたいことではありますが、新人のうちはせっかく用意されたポストを空けるような事態は避けたいものです。また新たに求人募集をかけなければならなくなったり、即戦力として雇ったのにすぐに不在になることで、会社側にも迷惑になる可能性があります。
何よりも、転職に成功して新しい仕事を覚えて頑張っているにもかかわらず、結婚や産休によって中断してしまうのはもったいないことです。

 

また、面接でも不利になることがあります。かりに経験も資格も同じAさんとBさんがいたとして、未婚で結婚・妊娠の予定もないAさんと、婚約中で結婚後は新居のある遠方に引っ越す予定のあるBさんでは、どちらが採用される可能性が高いでしょうか。言うまでもなくAさんですね。既婚者の女性は、妊娠の予定はないことや、子どもの預け先が既に決まっていることを伝えて、すぐに辞めることはないことを面接官に理解してもらう必要があります。同様に未婚の方も、結婚しても続けられる旨はっきりと明言しましょう。

女性転職成功のコツ!女性ならではの質問をかわせ!