MENU

40代の転職では、リーダーとして部下や同僚に指導をしてきた立場の人も多いと思います。そうでない場合でも20〜30代では経験できないような40代ならではのアピールを前面に出すことが必要です。

40代で転職する場合、なぜ転職をすることになったのか、突き詰めて考えておくべきだと思います。なぜなら、採用する側の気持ちを考えると、働き盛りの40代の人がなぜ転職を希望しているのか疑問に感じているはずだからです。

 

40代になると、経験や仕事のスキルはもちろんのこと、部下を持ち、責任ある仕事を任され、ある程度のポストについている人が多いものです。勤続年数が長ければそれなりの収入も得ているでしょう。仕事に最もやりがいを感じている世代が、前職を辞めて転職を決意した理由は、面接官としても聞かずにはいられないものです。

 

40代の転職は、20〜30代のように過去の経験やスキルをアピールするだけでは、採用は極めて厳しいです。もちろん面接でアピールするべきですが、それ以外にも面接官を納得させられるような転職の動機や志望理由をしっかり準備しておきましょう。かりに40代向けの求人に応募する場合、採用する側は前職でどのような立場だったかを質問してくると思います。

 

例えば、上司の立場で部下を持っていた場合、部下にトラブルがあった時はどのように解決したかといった問題解決能力や、新人を育てるための人材育成はどのように行っていたかなど、自分の言葉でまとめておくと良いでしょう。もし上司の立場にならなかったとしても、40代となると20〜30代以上の経験を求められるものです。20代30代の応募者とは差別化を図れるような40代なりの経験やアピールを考えておきましょう。

年代別転職成功のコツ(40代編)