MENU

転職を考えるようになったら、まずは何から始めればいいのか、転職活動を始める前に知っておきたいことをご紹介します。

転職って大変そう

 

転職活動をしたことがない人にとっては、「転職って大変」というイメージがあると思います。実際に転職は精神面でも体力面でもハードです。転職活動中はいつ内定がもらえるのかと、毎日焦燥感にかられながら履歴書を書き、面接を受け続けています。ですが、諦めない限りは確実に次の仕事が見つかるものです。それが自分の希望にかなった仕事かどうかは別として、次の転職先を確保することはそこまで難しいことではありません。転職前の仕事と同等以上の給料をもらえて、かつ自分の希望する仕事に就くことが一番難しいことだと思います。もちろん、スキルや経験も申し分なく、採用側に求める条件と一致していれば内定をもらえますが、転職した人が全員希望通りの仕事に就いているとは限りませんし、転職先で馴染めなくてすぐに辞めてしまい、転職活動を再開するケースも珍しくありません。転職を考えたら、まずは自分が希望している仕事を明確にし、なぜその仕事がしたいのかをよく熟考なさると良いでしょう。明確な志望動機は、面接官の心を動かすものです。また、転職を希望する業界の動向や企業の業績を把握することも忘れてはいけません。不景気で給与が下がったり、運悪く倒産してしまったら本末転倒です。転職活動は、履歴書を送ったり面接を受けたりといった行動に移す前に、まずはこうした企業研究や自己分析を行うことで地盤を固め、面接に向けてしっかりとした対策をとることが重要です。未経験の分野に挑戦する方はなおさらです!ここでは、実際に転職活動をした経験談を交えて、転職活動の際に知っておきたい心得をいくつかご紹介していきます。

 

転職成功のコツ/転職サイトを活用して効率よく動く!

 

転職を成功させる確率

転職成功のコツ/転職サイトを活用して効率よく動く!

 

転職を成功させる確率は、希望する仕事内容にもよりますが、その人のスキルや保有資格によって上げることができます。
私が転職活動をしていた頃、面接官から「何か質問はありますか?」と聞かれた際に、「今回の募集でどれくらいの応募がありましたか?」と聞いてみたことがありました。するとその面接官の方は、少し驚いた様子で「今回採用するのは1人なんですけどね、500人くらいから応募があったんですよ。過去に何度か募集をかけてますがこんなに応募が来たことがなかったので驚いています。今ってそんなに就活大変なんですか?」と逆に質問されてしまいました。その仕事は一般事務で、お給料がすごくいいというわけではなかったものの、未経験者歓迎の仕事で専門知識も必要なく、残業もほとんどないというお仕事でした。このことから、未経験者歓迎の仕事や、専門知識が必要ない仕事はかなりの倍率であることがわかります。よって採用される確率はぐんと低くなります。転職に成功するためには、採用される確率を上げなければなりません。例えば事務職ならMOSなどのパソコンに関する資格などを取得してみてはいかがでしょうか。日頃の業務では入力くらいしか使用しなくても、いざというときパソコンに詳しい人がいると頼りになるものです。また、専門知識や一定の資格が求められる専門職なら、未経験者や資格のない人からの応募はほとんどなく、応募する人が圧倒的に少ないために、採用されやすいと言えます。こうした仕事なら転職に成功する確率も高いでしょう。自分の希望する仕事が転職先で採用される確率が高いかどうか、よく見極めてそれに合った対策をとることが大切です。

 

実録!転職に失敗する人の特徴

転職に失敗した人はどのような転職活動をしてきたのでしょうか。
転職に失敗したと感じる瞬間は人それぞれだと思います。転職したものの、やりたい仕事に就けなかったり、以前の仕事を退職後、転職先が決まらずに退職して無職期間があったり…恥ずかしながら、私も転職に失敗した経験があるのです。私の経験を反面教師にして、転職活動で失敗しないように参考にしていただければ幸いです。まず、仕事を辞めた後、1ヶ月程ですが無職だった時期がありました。次の仕事が決まらないまま、退職してしまったのです。今思えば失敗でした。無職という事情とは無関係に、家賃や光熱費、通信費などの請求が容赦なく来る上に、毎日のように面接を受けていたために交通費がかかります。履歴書を買ったりや証明写真を撮らなければならなかったりと、転職活動するにもお金がかかるものです。もし次の内定先が決まらない状態で仕事を辞める場合は、当面の生活費と転職活動に必要な費用を十分に貯えておくことをおすすめします。なお、転職は無職の期間が長ければ長いほど不利になります。できるだけ早く次の仕事を決めることです。そして、妥協して転職してしまったこと。無職期間があったために、早く転職先を見つけたくて、なかなか決まらなかった正社員を諦め、派遣の仕事を選んでしまいました。自分のスキルが活かせる仕事だったので、仕事そのものは楽しくできましたが、できれば正社員として仕事がしたかったと当時の自分は考えていました。転職先の勤務時間や就業規則など、ある程度の妥協は必要ですが雇用形態を妥協したのは失敗だったと思います。転職先を探す際は、どのポイントで妥協ができるか、よく考えてみると良いでしょう。

 

転職成功のコツ/転職サイトを活用して効率よく動く!

DODA

求人数 雇用形態
非公開求人多数 派遣・正社員
運営会社 対応地域
(株)インテリジェンス 全国
得意職種 おススメ度
総合 5つ星

 

公式サイトへ

type転職エージェント

 

求人数 雇用形態
22,000件 派遣・正社員
運営会社 対応地域
(株)キャリアデザインセンター 関東
得意職種 おススメ度
IT・総合 5つ星

 

公式サイトへ

JAC Recruitment

求人数 雇用形態
12,000件以上 正社員
運営会社 対応地域
(株)JAC Recruitment 全国
得意職種 おススメ度
外資系・海外 4つ星

 

公式サイトへ